ご み


3Rから4Rへ

私たちが暮らしていく上で、ゴミをゼロにすることは難しいですが、減らすように努力することが大切です。
ゴミを出すときには、分別して出すことが必要ですが、それ以前にゴミとして出さなくてもいいように工夫しましょう。
現在は、大量生産、大量消費の社会になってしまっていますが、資源獲得競争が激しくなって資源価格が高騰しつつある今日、こうした社会構造も変革を余儀なくされつつあります。従来、ゴミの減量のお題目として、『3R』(Reduce:削減、Reuse:再利用、Recycle:再資源化)が唱えられてきましたが、最近はそれにRefuse(購入拒否)を付け加えて『4R』といわれるようになりました。
私たちは、エネルギー、鉱物資源、食料などの多くを海外からの輸入に頼っています。貴重な資源を無駄にしないために、一人ひとりの生活スタイルを変えて環境負荷を下げるように努めましょう。


ゴミの分別について

ゴミも上手く使えば資源になります。色んなものが雑多に混ざっていれば、ただのゴミですが、缶は缶、ビンはビン、紙は紙というように分別して集めてやれば、資源としてまた有効に利用できます。そのためには、皆で協力して適切な分別を行うことが必要です。
分別の仕方については、「ごみハンドブック」を参照してください。

燃やせないごみについては、埋立処分が行われてきました。しかし、最近では埋立処分場の埋立可能な余力が少なくなってきており、新たな埋立処分場を造ることも容易ではない中で、如何にして延命を図るかが大きな課題となっています。
現在、四日市市ではゴミ焼却場を新しくする計画を進めていますが、これが完成した暁にはプラスチックなどは現在のように埋め立てに回すのでなく、燃やして減量する予定です。現状のゴミ焼却炉は耐熱性が低いため、燃えると大きな熱を発生するプラスチックなどを燃やすと炉が損傷してしまいます。新しい炉では、耐熱性が強化されるので、プラスチック類を燃やせるようになります。それまでの間は、プラスチック類を燃やすごみに入れないようにご協力をお願いします。


ゴミの収集日について

燃やすごみ(一般ごみ)、燃やさないごみ(埋立ごみ)、資源(再生可能物)の収集日はそれぞれ決められています。該当日でないのに集積場に持っていっても回収されず、放置されたままとなります。間違った場合は、面倒でも一旦持ち帰って該当日に再度出して下さい。出す前に「ごみ収集日程表」で該当日かどうか確認するようにして下さい。